膝の痛み

有痛性分裂膝蓋骨ってなに?お皿自体が痛むのはこのせいかも!

こんにちは。練馬区桜台のNS整骨院 河野です。

今回は、有痛性分裂膝蓋骨ってなに?お皿自体が痛むのはこのせいかも!ということでお話ししたいと思います。

 

お皿が痛い理由は、有痛性分裂膝蓋骨が原因?

お皿自体が痛む原因の一つとして、有痛性分裂膝蓋骨が考えられます。

痛みが出る場所はこの辺に出ることが多いです。

お皿の外側のやや上方あたり

小学校高学年~高校生くらいまでの男子であれば可能性が高くなります。いわゆる成長期の男の子ですね。

同じ場所が痛くても、年齢や性別が違っていれば有痛性分裂膝蓋骨の可能性は低くなります。しかし、痛み自体は出ていると思いますので、早めの対処で痛みを軽減するべきです。

 

 

なんで痛くなるの?

膝を急激に動かす動作(ダッシュ・急停止・ジャンプなど)を繰り返して行っていると、分裂している部分に痛みが出てきます。また、転倒や接触プレーなどで膝を直接ぶつけたことがきっかけで痛くなることもあります。

サッカー・野球・バスケ・バレー・短距離などに多いとされますが、水泳で痛みが出る方もいます。スポーツをしていない子どもが体育の時に痛くなったなんてこともありました。

痛みには個人差があります。運動中や運動後は痛みが激しく出て歩けないけど、翌朝には痛みが無くなって普通に歩けることもあります。中には、日常生活にも支障が出るくらい痛くなってしまい、歩行も困難な場合もあります。(階段の上り下り、イスからの立ち上がりなど)

「運動後にアイシングと湿布して様子見ておけば痛くなくなるだろう!」と思っていると、全然痛みがとれない…なんてこともあります。違和感や圧痛(患部を押すと痛む)がありましたら、専門家に相談しましょう。

 

 

分裂膝蓋骨になる原因は?

残念ながら、分裂膝蓋骨になる原因はまだ研究中です。

成長の段階で骨がくっつかなかった説や、成長途中で筋肉に引っ張られてしまって離れてしまった説などがあります。

まだはっきりした原因は分かっていないため、症状がないという場合も結構あります。他の部分が痛くて膝のレントゲンを撮ってみたら、偶然見つかったなんてこともあります。

分裂膝蓋骨になってしまったものは仕方ないです。痛みを取り除くことに専念して体をいい状態にしてスポーツ復帰できるようにするべきです。

 

 

治し方はあるの?

基本的には、リハビリとトレーニングで痛みを抑えることが出来ます。まずは患部の痛みをとることを心掛けましょう。もちろんスポーツなどは中止です。

この時にアイシングや湿布をすることは推奨していません。逆に回復を遅らせてしまう可能性が考えられています。現在の処置のスタンダードはRICE処置ではなくPEACE&LOVEです。詳しくはコチラ⇩
RICE処置は昭和の考え!令和の応急処置はPEACE&LOVE!

自分でできるケア方法として、フォームローリングマッサージがあります。太もも周りをリリースして痛い部分にストレスを与えないようにすることが大切です。

ももの前のフォームローリングマッサージ
ももの裏のフォームローリングマッサージ
ももの外側のフォームローリングマッサージ

この3か所は絶対にリリースすべきポイントです!ふくらはぎやお尻も同時にリリースするとさらに効果的ですね!

日常生活にも支障が出ているくらい痛いのであれば、膝のサポーターをすることを推奨します。サポーターでなくても圧迫できるバンテージや伸縮性の包帯を巻いておく方がいいでしょう。

もちろん自分でメンテナンスと同時に治療に通うことで早期に痛みを軽減させることが出来るでしょう。当院では体全体の状態や動きをチェックした上で施術を行っていきます。超音波、ラジオ波、IASTMなどを使用し、患部に負担がかからないように痛みを取り除きます。

治療と同時に、一番大切な自分の体を理解するリハビリを行います。「なぜ膝が痛くなるのか」「なぜ膝に負担がかかる動作ばかりしてしまうのか」を理解することがリハビリで一番大切だと思います。

 

まとめ

分裂膝蓋骨になってしまう原因はまだ不明なことが多いです。なってしまったからと言って諦めるのではなく早急に競技復帰ができるように痛みを取り除き、体の動きを再教育していくことが重要です。

「分裂膝蓋骨と言われたけど痛みがなかなか取れない」「膝の痛みがずいぶん長く続く」という方は一度ご相談ください!

ご予約・ご相談はこちら➡ご相談・ご予約・お問い合わせ
お電話でもどうぞ➡03-6915-8615

 

-膝の痛み

Copyright© NS整骨院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.