子ども 慢性的な痛み 膝の痛み

産後の膝の痛みはいつまで続くの?自分でできる対処法について

こんにちは。練馬区桜台のNS整骨院 河野です。

今回は、産後の膝の痛みはいつまで続くの?自分でできる対処法についてということでお伝えしたいと思います。

 

膝の痛みはいつまで続くのか…

「この膝の痛みはいつまで続くのか…」一番気になるのはそこですよね。

概ね痛みが出てから、長くても半年ほどで落ち着く方が多い印象です。(もちろん個人差がありますが)痛みが出るタイミングもそれぞれ違い、産後すぐ出る方もいれば半年後くらいから徐々に出てくる方もいらっしゃいます。

きちんと対処すれば痛みが早くおさまりますし、何もしていないといつまでも痛みが残ってしまいます。

 

なぜ痛みが出るの?

その理由はリラキシンというホルモンが関係しています。

リラキシンとは、骨と骨をつなぐ靭帯や関節に作用しそれらを緩める働きがあります。また、妊娠の維持や分娩の補助をするホルモンと考えられ、出産を助けてくれる重要な役割を持っています。

出産しやすいように靭帯を緩めてくれますが、膝の関節も同時に緩めてしまっています。ありがた迷惑的な感じですかね(笑)

 

 

でも立ったり座ったり抱っこしたり

そんなグラグラな膝でも、育児をしたり家事をしたりしなければなりませんよね。特に慣れない行動をするので体にストレスがかかりやすくなっています。

通常は体重や衝撃を筋肉で支えていますが、女性は筋肉量が少ない方が多いので、負担がもろに関節にかかりやすくなってしまいます。妊娠期間での体重増加も知らず知らずのうちに膝に負担をかけてしまっています。

そんなこんなで、いつの間にか膝が痛い…となってしまう訳ですね。なんとなく膝が痛くなってしまう原因がわかりましたか?

ホルモンの影響ならどうすることもできないのでは?と思うかもしれませんが、自分でメンテナンスをすることで膝に対する負担は軽減できます。

すこーーーしの時間だけでいいので自分の時間を作って、膝のメンテナンスをしてみませんか??

 

 

簡単に自分でできる膝メンテ

ももの前をリリースして、膝の痛みを軽減しましょう!テニスボールがあればいいですが、無ければ他のものでも代用できます。

⇩やり方⇩

ももの前にボールを当てて、寝るだけ。

ちょっと痛いかなという場所を探して、当ててみましょう。で、ゆっくり呼吸しましょう(⇦これがめちゃくちゃ大事!)

30秒くらい当てたら他の場所に移します。何か所かやってみてください。中には痛すぎるポイントもあるかもしれませんが、無理をせずいた気持ちい程度の場所を探しましょう。

 

個人的には断然フォームローラーでリリースがオススメ!

フォームローラー使ったことありますか?使ったことない人には是非使ってほしいです!個人的には産前産後の方に最高のツールだと思います。

これ一本あれば、膝の痛み以外にも、むくみや足がつるといった症状にも効果的です。特に膝の前、横がつっぱている方が多いので入念にやってみましょう!

ももの前のフォームローリングマッサージ
ももの外側のフォームローリングマッサージ

横になるのがツライ…という人にはスティックもあります!手軽にできるのがいいですね!

 

 

痛みが長く続いているという方は

痛みがなかなかとれないという方は、専門機関に相談してみましょう。別の場所に問題があって膝に痛みが出ている可能性も考えられます。特に股関節や足首の可動性は膝に大きな影響を与えます。

湿布を貼ることも一定の効果はあると思いますが、副作用もありますので注意が必要です⇩
湿布の効果はどのくらい?痛いからと言ってベタベタ貼ると痛い目に?!

「アイシングや湿布しておけばそのうちよくなるだろう」と思っていると、痛みが長く続いてしまうこともあります。

当院では、膝の痛みを早期に取り除き、全身から患部を施術していきます。膝に負担がかからない動きの改善やサポート方法などを指導しながら痛みの改善につなげてきます。

また、予約制にて施術を行っていますので、待ち時間もなくお子様連れでもお気軽にご来院することが可能です。キッズスペースというものはありませんが、他の患者様と同時に施術することはありませんのでご安心ください。

「産後から膝が痛くなってしょうがない」「膝の痛みがなかなかとれないけど、何が原因なの?」など膝に関する悩みや疑問などありましたら一度ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら➡ご相談・ご予約・お問い合わせ
お電話でもどうぞ➡03-6915-8615

 

-子ども, 慢性的な痛み, 膝の痛み

Copyright© NS整骨院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.