腰痛

腰痛と便秘の密接な関係性…お腹も腰も同時にスッキリさせる方法!

こんにちは!練馬区桜台のNS整骨院 河野です!

今回は、腰痛と便秘の密接な関係性…お腹も腰も同時にスッキリさせる方法!ということでお話ししたいと思います。

腰痛と便秘は蜜月な関係

腰痛もあるけど便秘もひどい…という方は意外と多くいらっしゃいます。

腰痛がない時は快便だったり、便秘になると腰痛が出てくるというようにお互いに影響し合ったりしています。

もちろん腰痛を無くそうとストレッチをしたり、便秘を解消させるためにサプリを飲むことも重要ですが、両者の関係性を理解することで効果的に解消ができますよ!

腰痛も便秘も運動不足が原因の一つと考えられているのはご存知でしょうか?

「私は運動の一環でストレッチやってます!」という方もいらっしゃると思いますが、それで腰痛や便秘が解消されているでしょうか?

結果的に解消されているのであれば、あなたのストレッチは運動かもしれませんが解消されていなければ残念ながら運動に値しません。

とは言え、筋トレをしましょう!というのではなく、自分の体を理解して腰痛と便秘の改善をしましょう。ちょっとしたコツと意識が大切です!

 

腹筋ではなく腹圧を意識

お腹周りの筋肉はとても重要です。

胴回りを支える天然のコルセットのような働きをしてくれますし、お腹の圧を高めることで排便を促してくれます。

注意して欲しいのが「いわゆる腹筋」を鍛えるわけではないということ。腰痛だから腹筋しよう!と言って腰痛が悪化することはよくありますw

腹筋ではなく腹圧です。

腹圧を高める意識をするためには呼吸です。まずはお腹で呼吸するイメージで呼吸をしてお腹全体が膨らむのを感じましょう。

脇腹も腰周りも全方向に向かって広がりを感じます。

鼻から吸って口から吐くようにしましょう。

ここまでお腹で呼吸が意識できるようになったら、次は風船を使います。100均とかで売ってますw

口にくわえて思いっきり膨らましましょう。

この時、肩や胸で息を吸い込まないように注意します。あくまでもお腹です。

*もし左右のあばら骨が出っ張っているのであれば、呼吸がエラーになっている可能性大!早急に呼吸の改善をするべきですよ!!

 

フォームローラーで筋肉をマッサージ

お腹周りを自分でマッサージしてもいいですが、フォームローラーを使って効果的にマッサージをしてみましょう。

このような道具を見たことありますか?

これをお腹の下に当てて、圧迫しながら刺激を加えていきます。

前後に転がしたり斜めに当ててみたりして、お腹全体をマッサージしていきましょう。

同時に腰周りや背中も転がして見てください!腰痛がスッキリすること間違いないです!

ずぼらなあなたには振動機能が追加されたフォームローラーもオススメです。転がさなくても振動だけでOKw

振動が結構強めなので、心地いいくらいに調整しておこないましょう。

 

洋式トイレは出しにくい!

トイレの姿勢について考えたことはありますか?

まぁほとんどの人は考えたことないですよねw

実は洋式トイレと和式トイレを比べた時に、和式トイレの方が間違いなく排便しやすいことを知っておくことが大切です。

「和式トイレでしゃがんだ姿勢=スクワットのしゃがんだ姿勢」です。この状態は、お腹の圧を高められると同時に腸がトイレに対して垂直になります。

恥骨直腸筋と呼ばれる筋肉に邪魔されることもなくなるため、理想的な排便姿勢になります。

出にくい人やお腹に残っている感じがある人、排便に時間がかかる人は騙されたと思ってやってみてください!本当にやった人にしか分からないと思いますw

ちなみにこのような専用台もありますよw

 

まとめ

腰痛も便秘も同時に解消するには腹圧を意識して高めることが大切です。

効果的にお腹周りに刺激を加えることで便秘も腰痛も一気に解消できるでしょう。スクワットのボトムポジションもかなり効果がありますので、普段の運動でスクワットを取り入れてみるのはいかがですか?

もちろん水分補給や食物繊維の摂取など基本的な便秘改善を実践し、軽い運動や日々のメンテナンスは継続して行いましょう。どうしても痛みや違和感が取れない場合は専門家に相談することも考えましょう。

「便秘もあるけど腰痛もつらい」「腰痛のせいなのかやたらお腹が張る」「なんだか最近調子が良くない」など、腰やお腹に関するお悩みなどがありましたらお気軽にお問い合わせください。

ご予約などはこちら➡ご相談・ご予約・お問い合わせ
お電話でもどうぞ➡03-6915-8615

 

-腰痛

Copyright© NS整骨院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.