股関節

股関節が引っかかる感じがする…この引っかかり感はいったい何?

こんにちは。練馬区桜台のNS整骨院 河野です。

今回は股関節が引っかかる感じがする…この引っかかり感はいったい何?ということでお話ししたいと思います。

 

その股関節の引っかかり感の正体は…?

股関節の引っかかる感じは変形性股関節症の初期症状の可能性があります。この違和感は女性に多く見られ、股関節を回すような動きで引っ掛かる感じが強くなります。

股関節のポジションが悪いと同じ場所にだけストレスが加わり、股関節周りの軟骨(関節唇)に傷がついてしまうことがあります。簡単に言うと股関節の一部分だけで体重を支えてしまっていることが原因の一つです。ちょっとっ引っ掛かるだけだったのに、だんだんと違和感に変わり痛みに変わってくることが考えられます。

男性でも見られることがありますが、変形性股関節症である可能性は低いです。筋肉や関節周りの組織の動きが悪いことで引っ掛かる感じが出ることがあります。

 

引っかかりを無くしたい

「引っかかりを完全に治せます!」とは正直言い切れません変形性股関節症の進行具合にもよりますし、実際に動きを見て確かめてみなければ正しい判断はできません。
また、生まれつき股関節の形が悪い人は変形性股関節症になりやすいです。この生まれつきの問題はすぐには解決できないので、日々のメンテナンスを欠かさず行い、同じ場所にストレスがかからないようにすることが大切です。

ただ確実に言えることは、自分の股関節の状態を理解して正しいポジションで動かせれば引っかかる感じは少なくなるでしょう。損傷してしまった部位を治すことは難しいですが、そこにかかるストレスを施術で軽減することは可能です。同時に正しい運動・リハビリ・日々のメンテナンスを心掛ければ引っかかりは少なくなってきます。

自分の股関節の状態を理解するところから治療が始まります。

 

まずは股関節の可動域を確認しよう

どの程度動くか確認します。全部仰向けでチェックしてみましょう。無理をせず痛みが出ない範囲でチェックしましょう。

・太ももを胸まで持ってこれますか?
・股関節を開いたり閉じたりできますか?
・股関節を回して動かしにくい方向はありますか?

痛みが出たり引っかかりが強い場合は専門機関に相談することをオススメします。

股関節は上半身の体重を支えているとても重要な関節です。問題が生じてしまうと運動することや普通に歩くことでさえも困難になります。股関節の可動域は腰痛と関係していることが多く、腰痛を持っている方は股関節の可動域が少なくなっていることも考えられます。

もし慢性的に腰や背中に痛みがあったり引っかかりが強くなると腰が痛むようであれば、早急に対処するべきかもしれません。

 

 

お尻をフォームローリングマッサージしてみる

可動域をチェックしてみて動きが悪い場合には自分でお尻のリリースを行ってみましょう。お尻の筋肉が股関節の引っかかりと関係していることはよくあります。フォームローラーやテニスボールなどを駆使してリリースを行いましょう。簡単にできるリリース法なので日常のメンテナンスに取り入れてください。

引っかかりが痛みに変わる前に

引っかかり感が痛みに変わる前にしっかりと専門機関を受診した方がいいでしょう。「まぁそのうち治るだろう」と思っていたのに全然引っかかりが取れず、痛くなってきたという人を何人も見ました。
レントゲンだけでなくMRIも撮って関節内まで検査した方が今の股関節の状態がどの程度なのかも調べることが出来ます。自分の状態を理解することで治療とリハビリを的確に進めることが出来ます。

変形股関節症と診断を受けたからと言って安静にしているだけでは変形が進行する一方です。どのような状態であっても体を正しく使うことで痛みの軽減をすることは可能です。

NS整骨院では治療からリハビリまで一貫して行います。股関節のポジションと筋肉の緊張を調整した上でリハビリを行い、理想的な股関節の動きを取り戻します。できる限り手術をしないように痛みをとることを最優先に考えて施術を行っていきます。

「引っかかる感じがずーっと続く」「たまに引っかかると激痛が走る」など股関節に痛みや違和感がありましたらお気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら➡ご相談・ご予約・お問い合わせ
お電話でもどうぞ➡03-6915-8615

 

-股関節

Copyright© NS整骨院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.