膝の痛み

膝の裏側が痛くて考えられる3つの原因はコレ!

こんにちは。練馬区桜台のNS整骨院 河野です。

今回は膝の裏側が痛くて考えられる3つの原因はコレ!ということでお話ししたいと思います。

 

膝裏が痛い!

膝の裏側が痛くなる原因として
①変形性膝関節症
②前十字靭帯損傷・半月板損傷
③太もも後面の過緊張

が考えられます。膝の裏が痛くなる原因はこれらですが、この3つになる原因を考えなければ痛みが取れていきません。

 

変形性膝関節症?

以前から膝に違和感があり、それがだんだんと痛くなってきた場合は変形性膝関節症が考えられます。階段を降りることが辛かったり、正座なんて痛くてできない!となっていませんか?

中高年の女性に特に多い症状で、膝の軟骨がすり減り炎症が起こりやすくなってしまいます。その影響で関節内に水が溜まってしまうと、関節内圧が高くなり外側の組織を押し広げてしまうので、膝が痛くなってしまいます。

膝裏だけでなく全体に痛みがでることもあります。若かったり男性の場合はこの可能性が少ないともいます。

初期段階であれば、治療と正しい使い方を体に覚えさせれば痛みが治まることが多いです。しかし、症状が進行しすぎてしまうと、体重をかけれないくらい痛くなり、最悪手術という形になってしまいます。正しい動きを膝に覚えさせることで、痛みが軽減できるのであれば、早急にリハビリを行うべきでしょう。

 

前十字靭帯・半月板損傷?

スポーツなどで膝を捻ってしまい痛みが続いている場合は、前十字靭帯か半月板の損傷が考えられます。バレーやバスケットなどジャンプする競技に発生しやすいですが、それ以外の競技でも起こる可能性はあります。また、日常生活においても階段を踏み違えたり、段差でつまづいてしまって…という少しのことで痛める場合もあります。

明らかに腫れていて曲げることが出来ない場合はすぐ分かりますが、中には、腫れがあまり出なかったり曲げることが出来る場合もあります。軽い捻挫だろうと甘く見ていると、前十字靭帯に損傷が見つかったなんてことはよくあります。前十字靭帯損傷の特徴として、膝裏の痛みがあるので、気になる方は早めに専門家に相談しましょう。

即手術なのでは?と思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。完全に切れてしまった場合でも、専門医と相談の上、手術をしないという選択肢もあります。もちろんスポーツをしっかりやっているという方は手術をすることが多いようです。

半月板損傷かもと思った方はこちら⇩
半月板損傷を手術しないで治したい!そんなことって可能なの?

 

太もも後面の過緊張?

膝を伸ばした時に、膝の裏が痛いのであれば、太もも後面の過緊張が考えられます。スポーツ後のケア不足であったり、日常生活でのメンテナンス不足により、太もも後面の柔軟性が無くなって痛みに変わることがあります。

曲げるときは痛くないけど、伸ばした際に痛むのが特徴です。「何もしていないのにな」という場合は特に可能性があります

まずは、柔軟性を取り戻すためにお風呂に浸かるなどして温めましょう。そのうえでフォームローラーでメンテナンスをしてみましょう。数日行った後、痛みが治まってくればこの問題が考えられます。

 

 

まず自分でできるケアをやる!

何事も痛みが出ている場合は自分でケアをしてみましょう。太もも周りをリリースしてみることが大切です。簡単にできるフォームローリングマッサージをして痛みを軽減させてみましょう。

もも裏のフォームローリングマッサージ 
ももの前のフォームローリングマッサージ
ももの外側のフォームローリングマッサージ

自分で行って痛みが解消されるのであれば太もも周りに原因があり膝裏が痛くなっていたということになります。手軽にできるフォームローリングマッサージはとてもオススメです。

自分でケアを行っても変わらない場合は専門家に相談しましょう。当院では、評価と判断を適切に行った後施術していきます。関節内に異常が見つかった場合は病院やMRIを撮って頂く可能性もあります。異常がなく当院で施術可能と判断した場合は、手技と物理療法、運動療法を組み合わせて痛みを取り除きます。

股関節や足首が正しい動きをしていないため膝に負担が掛かり痛みが出てしまっていることもあります。自分の癖が膝にストレスを与えてしまっているのです。体を全体から評価し理解することが痛みの改善につながっていきます。

「膝裏が痛くてどうしようもない」「歩くと痛くなってしまう」とうことがありましたらお気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら➡ご相談・ご予約・お問い合わせ
お電話でもどうぞ➡03-6915-8615

 

-膝の痛み

Copyright© NS整骨院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.