腰痛

妊娠初期の腰痛対策!自分で簡単にできる腰痛改善法!

こんにちは。練馬区桜台のNS整骨院 河野です。

今回は、妊娠初期の腰痛対策!自分で簡単にできる腰痛改善法!ということでお話ししたいと思います。

 

妊娠初期の腰痛対策はこれ!

妊娠初期の腰痛対策にはフォームローラーとリリースボールがオススメです!

ストレッチや腰痛予防の体操もいいと思いますが、手軽に効果的に行うのであれば断然こちらです。

使い方はとても簡単で、基本的に「乗って転がす」だけでOK。(正しいやり方がもちろんありますが、ここではよりシンプルにお伝えします。)

もちろん妊娠初期だけでなく、中期・後期・産後の期間も使えるので腰痛に悩む方は必見です!

湿布や薬に頼れない妊婦さんにこそやってもらいたいセルフメンテナンスです。

 

自分でできるフォームローリングマッサージ

特にやって欲しい場所は、背中・お尻・もも裏です。

場所によっては痛い部分があることも考えられますが、自分で圧を調整できるのもフォームローリングマッサージのいいところです。

いた気持ちいくらいの圧に調整してリリースをかけてみましょう。

背中のフォームローリングマッサージ
お尻のフォームローリングマッサージ
もも裏のフォームローリングマッサージ

痛い腰の部分をフォームローリングすることは、個人的には推奨していません。お腹がだんだん大きくなるにつれ反り腰が強くなります。後ろ側から押すことで気持ちいいかもしれませんが、反り腰を助長してしまうようなフォームローリングになってしまう可能性があります。

もし、やる場合は横向きに当てて転がすといいでしょう。

腰のフォームローリングマッサージ

 

深い部分を解放するにはボールで!

より深い場所にピンポイントで刺激を加えたい場合はリリースボールがいいでしょう。

特にお尻の部分は、筋肉も分厚くなっているのでボールの方がしっかり入りやすいです。

このような専用のボールが使いやすいですが、軟式野球ボールやラクロスボール、ソフトボールなんかで代用することも可能ですよ!(テニスボールは?という声も聞きますが、ボールの形が変形してしまうものは微妙です。)

ボールはいた気持ちいい部分を見つけたら、ゆっくり力を抜いていきましょう。深い部分に届くようなイメージでゆっくり呼吸します。

あまり動かさず、しっかり当てることが大切です。

 

妊娠初期は腰痛が起こりやすい?

妊娠初期の腰痛はリラキシンというホルモンの影響と言われています。

リラキシンは体の靭帯や結合組織に作用し、これらを緩める働きがあります。分泌量が多くなるのは妊娠後期で、赤ちゃんが楽に出てこれるようにする重要なホルモンです。

しかし、ホルモンは全身に作用してしまうので、腰痛になってしまったり膝が痛くなってしまったりと別の問題も発生させてしまいます。

リラキシンが靭帯に作用
➡結合組織が緩む
➡その周辺の筋肉が異常収縮
➡腰痛発生

このような流れが体の中で起きている可能性があります!

 

冷えや不安も腰痛の原因の一つ

体が冷えてしまっていたり初産で緊張したりしても腰痛になる場合があります。

ついついシャワーだけで湯船に浸からなかったり、冷たい飲み物が好きだったりしませんか?特に平熱が低い場合は要注意です!

また、妊娠出産の不安から、自律神経のコントロールが上手くいかず痛みに変わることも考えられます。

自分で体のメンテナンスをすることで、血流の改善から冷え解消につながったり、動くことで軽いリラックス効果も期待できます。

まずは、自分で体の調子を整えてみることが大切です。もし、腰痛が変わらない場合は専門家に相談してみましょう。

 

NS整骨院では

当院では、妊娠初期の腰痛に対してIASTMでの施術を行います。皮膚表面の動きが悪い部分に対して施術し、可動域を向上させ痛みを軽減させていきます。同時に骨盤周りに緩やかな手技を行い、痛みの出にくい状態へ戻します。

もちろん、フォームローリングマッサージやリリースボールの指導は必ず行い、自宅での痛み改善法を伝えています。

実際に、私の友人や妻が妊娠中の時にはこれらをやってもらっています。腰痛にもならないですし、足のむくみやだるさが無くなるそうです!

「腰が痛くてどうにもならない」「自分でいろいろ試したけど痛みがなくならない」という方は一度ご相談ください。

ご予約はこちら➡ご相談・ご予約・お問い合わせ
お電話でもどうぞ➡03-6915-8615

 

-腰痛

Copyright© NS整骨院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.