ギックリ腰 腰痛

【腰痛】立てないぐらい腰が痛い…これっていったい何?!

立てないぐらい腰が痛くなる原因は?

こんにちは。練馬区桜台のNS整骨院 河野です。今回は、「【腰痛】立てないぐらい腰が痛い…これっていったい何?!」ということでお話ししたいと思います。

立てないぐらい腰が痛くなる原因は、ギックリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・圧迫骨折などが考えられます。ただの慢性的な腰痛だと簡単に決めつけるのではなく、どのように腰が痛くなったのか考えて適切な処置をすることが大切です。

 

これはギックリ腰?

ギックリ腰は、急性腰痛とも呼ばれ、周りでなった方や過去に経験したことがあるという方も多くいます。起き上がれないぐらい腰が痛いことも見られ、通常は数日で症状は治まります。その後、数週間で完全に治ってしまうことがほとんどですが、クセになったり慢性化してしまうこともあるので、ならないための予防がとても重要になってきます。また、慢性的な腰痛持ちだったけどギックリ腰のようになり、急に立てないぐらい痛くなったという場合もあります。

重たいものを持ち上げたり、くしゃみや咳をした瞬間などに発生しやすいのが特徴です。あまり年齢は関係ないように感じられますが、運動習慣が少ない人に多い印象があります。また、なんとなく違和感があったものが、いつの間にか痛みに変わって動けなくなってしまったというパターンもあるので注意が必要です!

ギックリ腰の可能性の方はコチラ⇩
腰をひねった!これってまさかギックリ腰?!

 

腰椎椎間板ヘルニアの可能性?

下半身に痛みやしびれを伴っていて、うまく動かしにくい場合は腰椎椎間板ヘルニアの可能性もあります。足の感覚が鈍くなることも特徴で、そのような状態が続いているようであれば、ある時立てない!となることもあります。これも慢性的な腰痛だと思っていたら裏にヘルニアという大物が潜んでいたというパターンも考えられます。

ヘルニアになる原因として、長時間の同じ姿勢で作業したり、重いものを持ち上げることが多い仕事の方に多いのが特徴です。20~40歳の活動量が多い男性に多いですが、それ以外の年齢にも起こります。足にしびれる感じが合ったり、なんとなく動かしにくい場合はヘルニアの可能性がありますので注意が必要です!

 

少ないけれど圧迫骨折?

あまり腰痛を感じなかったのに急に痛くなり、なかなか改善しないのでレントゲンを撮ったら折れていたというパターンは少なくありません。何もしていなければ痛くないので放っておいてしまうことが多いようです。動作時に痛みが強くなることが特徴で、若い人にはほとんどみられることはありません。

高齢の方で立てないぐらい腰が痛い場合は、圧迫骨折を起こしている可能性があります。発生原因は、尻もちをついたことが多い印象ですが、中には重いものを持ち上げようとしてふんばった際に発生した方もいました。高齢の女性の方が比較的多いです。特に骨粗鬆症の方は注意が必要です。

圧迫骨折の可能性の方はコチラ⇩
腰椎圧迫骨折をしたあなたがやる!リハビリと日常生活の注意点!

 

立てないなら無理はしない

立てないぐらいの腰痛であれば無理して動かそうとせず、痛み止めがあるのであれば服用し痛みが出ないような姿勢をとりましょう。

ただし、立てないからすぐ救急車!はやめておきましょう。(あくまでも個人的な意見ですが、ギックリ腰や腰椎のヘルニア・圧迫骨折で命に関わる状況は見たことありません。)

 

しびれやはっきりとした原因がある場合は病院へ

立てるようにはなったけど、痛みや痺れが強く出ていたり調子が元に戻らない場合は専門家に相談してみましょう。ヘルニアや圧迫骨折の場合も考えられます。

適切な理学療法を行えば、保存療法(手術をしない方法)で落ち着くことが考えられます。ただし、重症な例では手術することも考えられます!自分の状態をしっかり判断してくれるところを探しましょう。

 

お尻と背中に刺激を入れて立てるようにする

ギックリ腰のような一時的な痛みであれば、つっぱっている筋肉を柔軟にすることで腰痛を改善させることが期待できます。フォームローラーなどで軽くケアすることで痛みを落ち着かせられます。ボールなどでお尻に刺激を与えてもいいですね。

立てないぐらい腰が痛くなる前に、予防しておくことが重要です。もし、手術になってしまい、ヘルニアや骨折を治したとしても、ヘルニアや骨折をしてしまう原因を改善させないことには、また発症してしまう可能性もあります。

 

まとめ

立てないぐらいの腰の痛みは無理をせず、痛みが落ち着くのを待ちましょう。多くは一時的の痛みである可能性が高いですが、大きな病気が背後に潜んでいる可能性もあるので、心配であれば専門家に相談してカラダの状態をみてもらうべきです。

当院では、まず痛みを抑え、痛みの出ない体づくりを考えて治療を行います。解剖学や運動学などから、総合的に判断し治療を行います。自分自身と向き合ってもらうところから治療が始まりますので、患者様自身にも治療を理解していただく必要があります。

「立てないくらい腰が痛い」「腰が痛くてしばらく経つけど全然よくならない」「この腰の痛みは治るの?」など、腰に関してのお悩み疑問などがありましたらお気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら➡ご相談・ご予約・お問い合わせ
お電話でもどうぞ➡03-6915-8615

 

-ギックリ腰, 腰痛

Copyright© NS整骨院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.